shimitoru

目の下のたるみが気になる

shimitoru

一番気になるのが目の下のたるみです。目が大きいせいか、支えきれなくなっているようです。
日本人はまぶたの上の筋肉が1本しかない(欧米の人は2本)のでたるみやすいと聞き、その筋肉を鍛える運動をしていますが効果はいまいち。
コンシーラーなどで目立たないようにしています。後は、まぶたの筋肉を使って目を開くようにしています。年齢を重ねると、弱ってくるまぶたの筋肉をカバーしようとして、
おでこにしわが入ってしまうと聞いたからです。おでこを動かさないように意識しています。
いくら良い化粧品をつけても、たるみを改善するのは難しいと思いますので、なるべく体を酸化させないように、黒ゴマやオリーブオイルを毎日取り、小麦やバターといった酸化を促進する食べ物を極力避けています。あとは、一日15分から30分、コアマッスルを鍛える運動をする、イライラしない、お酒を飲みすぎないことを意識して生活しています。
丸顔であごがしっかりしているせいか、ほうれい線もありませんし、目じりの笑いジワもできません。シミに関しては、運動部だったせいもあり、出てきてはいますが、色がうすいため、気になるほどではありません。紫外線対策を冬場でもしっかり取るようにしています。

私を悩ますのはほうれい線。

太ももが気になる、二の腕のタプタプをどうにかしたい・・・
女性にとって美の悩みは永遠のテーマで尽きる事はありません。
筆者も身体も顔も気になる所いっぱいです。
そんな中でも今回は顔について詳しく話したいと思います。
顔というのは一番人に見られる部分で、身体のように服を着て誤魔化すというのが本当に難しい部分です。
なので、年齢とともに老ける一方のお顔は常にメンテナンスをしてあげなければ老化は進んでいきます。
私ももしかすると世の女性に比べたら美意識は疎い方かもしれません。自分なりには気を遣っているつもりでも、周りにもっと綺麗な女性達がいるから
です。
私はずっとほうれい線が気になって仕方ありませんでした。
中学校ぐらいから気付けば存在してました。
このほうれい線というのは本当にやっかいな小ジワで、ちょっとやそっと頑張ったぐらいでは全然効き目がありません。
例えば、よくいう「お口の体操」ですね。あ、い、う、え、お、と口を大きく広げて繰り返したり、口を閉じた状態で舌をグルグル回すベロ回し。
これらも気になった時は常にやるようにしてました。
それなのにいざ鏡とこんにちはをするとガックリ・・・なんて事ばかりです。
なので最近ではイオン導入やラジオ波と言ったエステで使用するような美容機器に頼って、自分だけの力ではどうにもならない所を補っています。
こうしてどんどん歳を重ねる事に、自分のお顔のメンテナンスにかけるお金と時間は増えていくんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です