目の下のたるみが気になる

shimitoru

一番気になるのが目の下のたるみです。目が大きいせいか、支えきれなくなっているようです。
日本人はまぶたの上の筋肉が1本しかない(欧米の人は2本)のでたるみやすいと聞き、その筋肉を鍛える運動をしていますが効果はいまいち。
コンシーラーなどで目立たないようにしています。後は、まぶたの筋肉を使って目を開くようにしています。年齢を重ねると、弱ってくるまぶたの筋肉をカバーしようとして、
おでこにしわが入ってしまうと聞いたからです。おでこを動かさないように意識しています。
いくら良い化粧品をつけても、たるみを改善するのは難しいと思いますので、なるべく体を酸化させないように、黒ゴマやオリーブオイルを毎日取り、小麦やバターといった酸化を促進する食べ物を極力避けています。あとは、一日15分から30分、コアマッスルを鍛える運動をする、イライラしない、お酒を飲みすぎないことを意識して生活しています。
丸顔であごがしっかりしているせいか、ほうれい線もありませんし、目じりの笑いジワもできません。シミに関しては、運動部だったせいもあり、出てきてはいますが、色がうすいため、気になるほどではありません。紫外線対策を冬場でもしっかり取るようにしています。

私を悩ますのはほうれい線。

太ももが気になる、二の腕のタプタプをどうにかしたい・・・
女性にとって美の悩みは永遠のテーマで尽きる事はありません。
筆者も身体も顔も気になる所いっぱいです。
そんな中でも今回は顔について詳しく話したいと思います。
顔というのは一番人に見られる部分で、身体のように服を着て誤魔化すというのが本当に難しい部分です。
なので、年齢とともに老ける一方のお顔は常にメンテナンスをしてあげなければ老化は進んでいきます。
私ももしかすると世の女性に比べたら美意識は疎い方かもしれません。自分なりには気を遣っているつもりでも、周りにもっと綺麗な女性達がいるから
です。
私はずっとほうれい線が気になって仕方ありませんでした。
中学校ぐらいから気付けば存在してました。
このほうれい線というのは本当にやっかいな小ジワで、ちょっとやそっと頑張ったぐらいでは全然効き目がありません。
例えば、よくいう「お口の体操」ですね。あ、い、う、え、お、と口を大きく広げて繰り返したり、口を閉じた状態で舌をグルグル回すベロ回し。
これらも気になった時は常にやるようにしてました。
それなのにいざ鏡とこんにちはをするとガックリ・・・なんて事ばかりです。
なので最近ではイオン導入やラジオ波と言ったエステで使用するような美容機器に頼って、自分だけの力ではどうにもならない所を補っています。
こうしてどんどん歳を重ねる事に、自分のお顔のメンテナンスにかけるお金と時間は増えていくんでしょうね。

私の老け顔対策

昔から手入れが必要ないくらい肌が強く、その為30代後半まで何のスキンケアもせずに来ました。
ある日、朝の自分の顔が「誰?このおばぁちゃんは!」というくらい
老けこんでいました。疲れのせいもあったのかも知れませんが、この時本気で対策をとらないと危ない、と感じました。
それからはせっせと雑誌や本を読み漁り、何が効くのか必死で探しました。すぐには見つからなく試行錯誤の日々が続きました。が、ある時「コラーゲンは良い」と友達に聞き、早速某メーカーのものを取り寄せてお試しで飲んでみました。

果汁の味付けになっているジュースタイプのもので非常に飲みやすく、12本を毎日きっちり飲むと心なしか肌がぷっくりしたような気がしました。それからは定期に切り替え、毎日欠かさず飲むようにしました。

 

ちなみにコラーゲンは夜寝る前が吸収を高めるということでお風呂上りに飲むことを習慣付けていました。1ヶ月は肌に潤いが感じられ、触ってもモチモチしているのがはっきり分かりました。そして3ヶ月ほど経った頃、ほうれい線が薄くなっているのが目に見えて分かりました。やはり、自分に合ったものを毎日続けることで効果は実感できるのだと確信しました。
コラーゲンを飲むことで他のサプリメントの吸収も高めるのでアンチエイジング用のサプリメントと組み合わせて続けています。

乾燥による目元の小じわやほうれい線

2015-02-01_153237

乾燥が気になる冬は目元の小じわや口元のほうれい線が目立ちます。特に家の中にいるとエアコンがついたままの状態になるので余計に小じわやほうれい線が目立ち易くなります。 なるべく加湿器はつけていますがそれでも乾燥は止まりません。

朝晩のスキンケアにはたっぷりの化粧水や乳液、又目元専用のアイクリームをつけたりほうれい線の気になるところには美容液をつけるなどのケアをしています。ファンデーションもパウダーのものよりもリキッドファンデーションで対応し、目元口元は乾燥プラス表情筋がよく動く場所になるので薄く伸ばす様な感じで使用しています。

上からつける白粉もなるべく目元口元は避けてつけるようにしています。日中のお化粧直しの時にもスプレータイプの化粧水をふりかけています。

この時もあまり目元口元には白粉をつけません。また週に一度のスペシャルスキンケアとしては、お風呂上がり化粧水をしてからマスクをして、マスクの美容液がしっかりお肌に入り込むように手で押さえています。手のひらの体温がマスクを通してゆっくりお肌に入り込んでいくのを感じます。

あまりにも乾燥が進んでいる時は最後の手段としてサプリメントを服用しています。サプリメントを服用すると目元口元の他、身体の乾燥している部分も落ち着きます。